ガラクタ二回目、相当な量が出ました。

二階ベランダから床材、一階日除けのスノコと支える木材。

そして猫トイレ。

更に西日防ぐ日除けの木材。

 

トドメハ倉庫の中。

スチール棚解体・作り付け棚撤去、床材(腐っている)・

 

12時過ぎても終わらず、遅めの昼食をとりつつトラックの回送を待つ。

 

終了は14時になった。

 

今日は296,000円。

 

仕方ないよねえ、あのごみの量を見たら。

そして分類・仕分け。

 

待つ間に、取り忘れていたネジや手すりなど自主撤去。

外の飾りなどもやっと気が付く。

 

そこから急いで、猫見舞い。

 

網の隙間から上手に脱走して室内闊歩。

 

一番の古株は縁側で私を待ち受ける。

 

その他は、相変わらずのかくれんぼ。

 

二匹はトイレ通路からご帰還確認。

 

①、網戸固定し風取入れ可能に。

②、トイレ通路への道改善。

③、トイレ部屋にゴムネット張る。

④、室内片付け、押し入れや広縁上に棚作る。(二段)

⑤、ダンボールの中身を出して整理整頓~押し入れ一時収納。

 

とにかく魔女・ジュニア寝室確保。

 

悲しいお知らせ~蔓延防止でバイク君県外帰省許可出ず。

 

すべてを早めに処理していてよかった。

 

不動産屋にも、カギ預ける連絡入れる。

 

これで33年の家にオサラバです。

 

カギを預けたら、もう、行く気はしないだろう。

 

忘れ物無いよう気を付けなければ。

 

細かく奇麗にしようとしたが、古くなった木材は表面がはがれたり、藪蛇。

 

そもそも、内覧事態がなさそうなので、杞憂。

 

まあ、私名義の家ではないのでお気楽。

 

義母から親族への流れだから。

 

田舎へ住まわしてもらえるだけありがたい話。(ただなんだから)

 

もちろん、親族は維持管理を心配しなくて済む。

 

親族より濃密な33年+だから。